2016年に企画したラモーンズの聖地巡礼ツアーのあと「アメリカに行けないからラモーンズのメンバーが居た日本の場所に行きたい」という声を聞くようになった。それならば、2020年のオリンピック開催で東京の景色が変わり始めている今やらねばと東京編を企画してみました。

募集は10人。正直集まらないんじゃないかと思っていたらアナウンスした直後から岩手、仙台、群馬など遠方から参加の会員も含む10人はすぐに決定。ジョニーが私に「ファン・クラブをやれ」と言った理由「日本のファンの忠誠心」を私も今体験させてもらってる気分です。

ラモーンズは何故「アメリカの次に日本が好き」だったのか? そのことを当時、南米やヨーロッパのTV番組で発言してしまうほど、彼らの中で日本は特別だった。その理由はいくつかあると思うけど、場所でキーとなったのは新宿だと思う。彼らが来日していた1990年代はまだネットは普及していない。そして1990年まで彼らは常宿が定まっていなかった。新宿の宿はジョニーのリクエストだった。

巡礼ツアー東京編をやると決めて、私は新宿図書館で1995年の住宅地図を借り、当時彼らが歩いた場所を確認する作業をスタートしました。20代から50代のファンに日本にいたことを肌で感じてもらうため新宿~渋谷~下北沢、そしてジョニーのシグネチャー・モズライトを発売し、CJのベースが盗まれた時にもサポートしてくれた三鷹のフィルモアを最終目的地に(なんと台風近づく雨の中…) 8時間近く探検してきたレポートです。






今回、歌舞伎町を集合場所にしたのは、ラモーンズのメンバーは1993~1994年、ライヴ後、歌舞伎町にあった巨大なゲームセンターでほぼ毎日遊んでいたから。マーキーを除く3人は疲れてない限り夜は歌舞伎町のゲーセンに繰り出しました。ジョーイは時々来てバスケットボールを放り投げていた。とんでもない方向に(笑) マーキーはゲームには興味がなかったのか来なかった。CJは鉄拳をやってた。この頃のラモーンズはドラッグもアルコール(はたまに)も摂取しないバンドだったから健康的。

1990年代にはスマホもなく、家庭用のゲーム機で遊ぶ時代で日本のゲームは「ハイテク」だった。特に歌舞伎町の入り口にあったSTARDUSTを始めとする巨大なゲームセンター通りは、流行りのスポーツ・ゲーム(バスケットなど体を動かすゲーム)もあって、ニューヨークのタイムズ・スクエアあたりにあったしょぼいゲーセンとは比べものにならないほどハイテクに見えたと思う。逆光で失敗したジョニーと私の写真の後ろにSTARDUSTの文字があるのが見える?






多分ラモーンズのメンバーはラスベガスに近い感覚で遊んだんじゃないかと思う。アメリカツアーは国が大きすぎてドライヴばかりで終わるし、ヨーロッパは終演後に行けるのはBARだけ。それに比べたら「セブンイレブンや知ってるロゴがたくさんある東京はマンハッタンみたい」と言ってたから身近に感じることもできたんだと思う。

もう1点。当時の新宿西口には輸入レコード店と来日ミュージシャンがよく通っていたAIRSというブートレグ・ライヴ・ビデオ屋があった。ミュージシャンはこれを違法と言うべき立場なのに、当時はネットも無く自分の見たいバンドのライヴ映像が山のようにあるこの店は来日ミュージシャンの間でも人気だった。しかもミュージシャンは行けばビデオをタダでもらえたからね。ソニック・ユースのサーストン・ムーアはその西口でレコードや海賊版を漁るために来日し、宿泊も西口のヒルトンじゃなくてレコード屋近いビジホに宿泊していたくらい(笑) 日本はアメリカ版、ヨーロッパ版、そして企画版のボックス・セットが最も簡単に手に入る国だったのだ。










とにかく新宿はミュージシャンに人気で、聖地巡礼ツアー東京編のスタートはその歌舞伎町のSTARDUSTがあった場所から歩き、ゲームに興じるメンバーの様子をミニ拡声器で喋りながら歩きながら、西口のレコード屋をサクサク回るために立ち食いそばを駆け込み→ベンチャーズも通っていた中華屋の前で仁王立ちしたりというエピソードを交えて宿泊先のホテルまで歩いた。




このツアーで参加者からリクエストが多かったのが、私の書いた『I Love RAMONES』に出てくる缶コーヒーを飲みながらコインランドリーで洗濯をした場所。ガードレールに座ってジョニーとあれこれ話した場所で、私もここにファンを連れて行きたかった。でも西新宿は2005年頃からどんどん整備され、今そこは高層ビルが立ち並びコインランドリーは無くなった。でも1995年の地図を新宿図書館で借りて眺めているうちにコインランドリーの場所は確認できた。






実は以前、FCを手伝ってくれているSHINくんと2人でこのエリアを探しに来たことがある。1995年の地図にも掲載されていて、今も唯一経営しているクリーニング店「ひばり」のおじさんに話しを聞くと「すぐそこに銭湯とコインランドリーがあった。まだ何も立っていなかったから都庁やホテルは綺麗に見えた」と話してくれて場所を確認できた。洗濯をした後ジョニーに「俺たちのホテルあそこなのに、さっきおまえは遠回りをしたな?」と文句を言われたエピソードも拡声器で話しました。

本当はメンバーが通っていたお店でランチをしたかったけどなくなっていたので、CJが当時、時々食べていたファミレスでランチ後、1980年の初来日に宿泊した渋谷の東武ホテルに向かいました。

P.S. 最後の写真は新宿が開発地区になる前の北新宿付近の風景。<続く>



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018.06.13

テキスト&写真 : 畔柳ユキ / Ramones Fan Club Japan ©RAMONES FAN CLUB JAPAN
取材協力 : もにゃこ(RAMONES FAN CLUB JAPAN)
デザイン : ヤーボ・ラモーン(東京ラモーンズ)

記事及び写真の無断転載を固くお断りいたします。